【タスク・スケジュール管理術】手書きノートで頭を整理する〜バレットジャーナルの始め方

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

タスク管理が大の苦手。

やることが頭の中で整理できない…

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

スマホのカレンダーアプリでスケジュール管理してるけど、予定をすぐ忘れてしまって…

良い方法ない?

筆者汗(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

タスク管理やスケジュール管理って難しいですよね。

スマートフォンのToDoアプリやカレンダーアプリは便利ですが、意外とタスクや予定を忘れがち。

この記事では、「バレットジャーナル」という手書きスケジュール管理術を紹介します。

タスクを自分の手で書いていくと、頭の中を整理しやすくなりますよ。

バレットジャーナルの特長

  • すべて手書き。用意するものはペンとノートだけ。
  • 手書きで頭が整理される。
  • 繰り返し書くことで記憶に残りやすくなる。
  • タスクの洗い出しができ、優先順位を付けやすくなる。
  • 慣れたら、自分で好きなようにカスタマイズできる。

手書きノートでスケジュール管理術

バレットとは、箇条書きの点(「・」)のこと。

タスクをすべて手書きで 箇条書きするのがバレットジャーナルの基本です。

手で書くことで脳の活性化にもつながり、記憶に残りやすくなります。

特別な道具は不要で、手持ちのペンとノートだけでできるスケジュール管理方法です。

なぜ、バレットジャーナルはタスク管理がうまくいくのか?

手書きで頭が整理される

頭の中を整理しやすいのがバレットジャーナルの特長です。

ペンで文字を書く作業は、頭の中のものを言葉に直して形にするということです。

バレットジャーナルは、その日のタスクから月間カレンダーの日付に至るまで、全て手書きです。

ペンでページ番号を振り、日付を書き記し、タスクを書き出す…一見面倒な作業に見えます。

その過程で頭の中が整理され、これから自分が何をすべきなのか、何をしたいのか、クリアになるんですね。

繰り返し書くと記憶に残りやすくなる

学生時代のテスト勉強を思い出してみてください。

単語や年号を何度もノートに書いていましたよね。

繰り返し書いたことは、記憶に残りやすくなります。

バレットジャーナルでは、書き直しの作業が何度も出てきます。

例えば、タスクをフューチャーログやマンスリーログに移動したり、今日できなかったタスクを明日のページに書き写したり――

繰り返し書くことで、記憶に残りやすくなり、大事な予定を忘れることが少なくなります。

タスクの洗い出しができる

それぞれのタスクを検証し、不要なタスクを洗い出しできるのもバレットジャーナルの特長です。

いつもスケジュールに追われていると感じるのは、タスクの優先順位を把握できていないのが原因です。

タスクを別のページに書き直す作業を繰り返すうちに、

「これは本当にしなくてはいけないタスクなのか?」

「もしかしたら、別にしなくても良いものなのでは?」

というように、そのタスクの重要度を考えるようになり、やらなくて良いことに振り回されなくなります。

バレットジャーナルの書き方

この「バレットジャーナル」は、ニューヨークに住むデジタルプロダクトデザイナーのライダー・キャロルさんが考え出した手帳術です。

おおまかな手順を動画でご覧ください(英語ですが、字幕が付いています)

バレットジャーナルは次のような構成になっています。

バレットジャーナルの構成

  • 索引(インデックス
  • フューチャーログ(未来)
  • マンスリーログ(月間)
  • デイリーログ(1日)

索引(インデックス)

バレットジャーナル用のノートを買ったら、ページの下にページ番号を書き込みます。

そして、ノートの最初のページに索引(インデックス)を作ります。

後から見やすくするためですね。

バレットジャーナル 索引(インデックス)

フューチャーログ(未来)

何ヶ月か後に予定していることを書いておくページです。

これは必要に応じて作ればOKです。

バレットジャーナル フューチャーログ(未来)

マンスリーログ(月間)

毎月1日になったら、その月の1ヵ月の予定を書き出します。

1ヶ月のスケジュールを俯瞰し、全体像を把握します。

バレットジャーナル マンスリーログ(月間)

デイリーログ(1日)

毎朝、見開きの左ページに、今日1日やることのリストを作ります。

1日が終わったら、記号を書き足してタスクの整理をします。

バレットジャーナル デイリーログ(1日)

記号でタスクを整理する

本家の動画では、タスクに次のような記号を付けています。

バレットジャーナルの記号の付け方

  • 完了したタスク・・・×
  • 明日に回すもの・・・
  • 後回しにするもの・・・

すぐにはできなかったり、予定が変わって後回しにするタスクは、「」を書き、予定一覧(マンスリーログやフューチャーログ)に移動します。

タスクを移動する、つまり、別のページに書き写すという作業は、バレットジャーナルの肝とも言えるものです。

何度も同じ文章を書くと、それぞれのタスクを頭に留めやすくなります。

この他に、イベントは「」、メモは「」を付けます。

タスクの中で重要なものには「」、 閃いたことには「」を書き加えます。

また、しなくて良いタスクや、キャンセルになったタスクは、行全体を線で消してしまいます。

このルールは、自分で好きなように決めて構いません。

バレットジャーナルを続けるうちに、新しいアイデアが浮かんでくるかもしれませんね。

自由に書けるのがバレットジャーナルの魅力

文房具屋さんや本屋さんに行くと、棚にスケジュール帳や手帳が並んでいます。

「種類が多すぎてどれを選んだらいいかわからない」

という方も多いでしょう。

バレットジャーナルには、手帳やダイアリーを使うよりも、何も書いてない普通のノートをおすすめします。大学ノートでも構いません。

自分で好きなようにカスタマイズできるのがバレットジャーナルの特長です。

日付が最初から書いてあるダイアリーや手帳ではなく、自分で自由に書けるノートを選んでみましょう。

見開きで1日2ページ使うので、できるだけページ数の多いノートがおすすめです。

また文字を揃えたり調整をしやすいように方眼(もしくはドット方眼)のノートを使うと良いでしょう。

MDノート

毎日書くものなので、ある程度ページ数と頑丈さがあるMDノートが良いと思います。ロイヒトトゥルムモレスキンといった高級ノートに比べ、リーズナブルです。

万年筆を使っている人にとっては、にじみや裏写りがないのも良いです。また、180度開く綴じ方になっているので、机の上で見開きで使いやすいです。

上着のポケットに入れて持ち運ぶ人には文庫サイズ(A6)、机の上で使うことが多い人にはA5サイズをお勧めします。

アピカ ハードカバーノート

「仕事でも使うから持ち出したいけど、表紙がヨレヨレになるのは嫌」

「大事なスケジュールが書いてあるノートだから、カバンの中で型くずれして欲しくない」

そんな方には、MDノートよりややお高めですが、アピカのハードカバーノートトをおすすめします。

表紙が厚くしっかりしているので、ポケットやカバンの中でシワになったり型くずれしません。モレスキンと違って万年筆のインクがにじむ心配もありませんしね。

アピカのハードカバーノートについては、過去にレビュー記事を書いているので、ぜひご覧ください。

iPad + Apple Pencil

紙のノートではありませんが、iPadApple Pencilを使い、手書きノートアプリでバレットジャーナルができます。

メリットは、紙と違ってかさばらないこと。

また、バックアップを簡単に保存できるのもデジタルの良さです。

ちなみに、この記事のバレットジャーナルの画像は、iPadの‎Note Alwaysという手書きノートアプリで書いたものです。

iPadは、Apple Pencilと組み合わせて、「デジタル文房具」として活用できます。

自分自身の手でスケジュールを管理する

バレットジャーナルは、情報を分散させず、1冊のノートにまとめるのがポイント。

ノートを見れば、自分のするべきことが全てわかる」のが理想形です。

ノートの上に書き出し、何度も書き写すことで、頭の整理ができます。

最初はとっかかりにくいと思いますが、難しく考えず、

やるべきタスクを書き出して、記号を付けていく

まずはこの作業から始めてみましょう。

仕事や家事や趣味に、活用してみてください。

バレットジャーナルの特長

  • すべて手書き。用意するものはペンとノートだけ。
  • 手書きで頭が整理される。
  • 繰り返し書くことで記憶に残りやすくなる。
  • タスクの洗い出しができ、優先順位を付けやすくなる。
  • 慣れたら、自分で好きなようにカスタマイズできる。

紹介する電子書籍は、Amazonの月額読み放題の対象書籍です。※記事作成現在

Amazonの月額読み放題

Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」は、充実したラインナップとお得な料金設定で人気のサービスです。

利用中は、対象書籍を何冊読んでも追加料金はかかりません

また、新規に限り30日間無料でお試しできます。

一度試して、気に入ったらそのまま月額980円で継続、気に入らないときは解約できます。

詳しい使い方については、別記事で解説しています。

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram