後悔しない、HHKBのモデルの選び方【職業・用途・環境別おすすめモデル】

PFUから発売されているHappy Hacking Keyboard(以下「HHKB」)は、タイピングの心地良さが追求されたキーボードです。

「静電容量無接点方式」という構造で、金属の接点がなく、軽いキータッチで入力できます。

指の力を適度に吸収してくれるので、長時間の作業でも疲れにくいのが特長です。

タイピングそのものを楽しめる優れたキーボードで、私も長らく愛用しています。

2020年9月現在、HHKBシリーズには、合計16種類のバリエーションがあります。

高い買い物でもありますので、最初はかなり迷うと思ういます。

この記事では、HHKBのモデルを選ぶときのポイントを紹介します。

HHKBの現行モデル

HHKBのモデルは大きく分けて3種類。

そして、それぞれのモデルに、3種類(または2種類)のキー配列があり、白と黒2種類のカラーが展開されています。

次の表の通り、バリエーションは全部で16種類です。

モデル名機能価格英語
配列
英語
無刻印
日本語
配列
HYBRID
Type-S
静音モデル
BluetoothまたはUSB-C
¥35,200
HYBRIDBluetoothまたはUSB-C¥30,250
ClassicUSB-C¥25,300
※価格は、2020年9月現在のAmazon販売価格
※黒色モデルの商品表記は、「墨」

現行モデルのコンセプト動画です。

Liteモデルは構造が違う
HHKBには、上記以外に「Lite」モデルがあります。
価格は5,000円台と、他のモデルに比べ割安ですが、キーボードの構造そのものが全く違うので、本記事では除外しました。

選び方のポイント

HHKBを買うときの選び方のポイントは、次の4点です。

HHKEBの選び方のポイント

  • 接続方式(無線・有線)
  • キー配列(日本語配列・英語配列)
  • カラーバリエーション(墨・白)
  • 静音モデル(HYBRID Type-S)にするかどうか

接続方式(無線・有線)

Bluetooth接続に対応しているのが、HYBRIDモデルです(USB-C接続による有線接続にも対応)

Bluetoothで接続するデバイスは、4台まで登録できます。

デバイスの切り替えは、ショートカットを使います(Fn + Control + 14の数字キー)。

切り替えはとてもスムーズです。

無線接続なので、コードの煩わしさからも開放されます。

HHKB Professional HYBRID Type-s/白、iMac27インチ、iPad Pro
筆者の作業環境。HHKBにiMacとiPadを登録し、必要に応じて切り替える。

一方、有線接続のみに対応したClassicモデルは、Bluetooth接続ができない分、値段的に求めやすくなっています。

「Type-C – Type-A」のケーブルが付属しているので、C端子のないパソコンにも接続できます。

キー配列(日本語配列・英語配列)

HHKBのHYBRIDシリーズには、日本語配列(JIS配列)・英語配列(US配列)の二種類が用意されています。

これまで日本語配列に慣れ親しんだ方は、日本語配列のモデルを選んだ方が良いと思います。

一番の理由は、英語配列には矢印キーがないこと(ファンクションキーと組み合わせて上下左右にカーソルを動かします)。

また、記号の配列が日本語配列と違います。

一度、別メーカーの英語配列のキーボードを使っていましたが、():;@ などの記号の位置がなかなか慣れませんでした。

英語配列は機能的と言われていますが、慣れた配列を使った方が良いですね。

カラーバリエーション(墨・白)

HHKBのカラーバリエーションは、「墨」と「白」の2つです。

「墨」は、黒色のキーに黒色で文字が印字されています。

私は、最初は渋めな「墨」を選びましたが、文字の印字も黒い色のため、照明が暗いときは見えにくい場合があります。

「墨」はブラインドタッチが完璧な方向けですね。初めてHHKBを購入する人は、白色モデル(無刻印ではないもの)が良いと思います。

白色モデルは、昔ながらのレトロな外観です(私はむしろそれが良いのですが)。一方で墨は全体が黒で締まりのある渋いデザインです。

渋めの外見にこだわるなら墨モデル。レトロ感を楽しみたい&実用性を優先するなら白の刻印モデルですね。

HHKBの白モデルと黒モデル(墨)
黒モデル(墨)と白モデル。黒モデルはキーの文字も黒で印字されている。

静音モデル(HYBRID Type-S)を選んだ方が良い人

フラグシップモデルである、HYBRID Type-S(静音モデル)は、通常モデルより高めの値段設定になっています。

HHKBの通常モデル(HYBRID)は、プラスチックの当たる「カチャカチャ」という音と、キーが本体に触れたときの「ゴツゴツ」という音が加わり、わりと大きな音がします。

周りの音がそこそこあれば、気にならない音量ですが、静かな環境では気になる音量です。

この静音モデルは、キー入力時の音が抑えられた設計になっていて、周囲への配慮にもなります。

公式のYouTubeチャンネルに、Type-Sのタイピング音が公開されています。

静かなオフィスで使う人や、テレワークでご家族がおられる方は、静音モデルを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、通常モデル(HYBRIDは、プログラマーやライターの方がよく使っておられるようです。

キーを打つ音が、入力のフィードバックになって、モチベーションが上がるのかもしれません。

職業・用途・環境によって、HHKBの選び方は変わってきます。

独断と偏見で、おすすめのモデルをまとめてみました。

職業・環境おすすめモデル備考
テレワーカー
リモートワーカー
HYBRID Type-Sご家族のご理解があれば、
HYBRIDでもOK。
静かなオフィスHYBRID Type-S周りのキーボード音が
そこそこあるなら、
HYBRIDでもOK。
プログラマーHYBRID静音モデルではない通常モデルは、
ゴリゴリ書く打鍵感が良いです。
ライターHYBRID静音モデルではない通常モデルは、
ゴリゴリ書く打鍵感が良いです。
デスクトップ単体Classicケーブルが気になる人は、
HYBRID Type-S
またはHYBRID
デスクトップと
タブレット
HYBRID Type-S
またはHYBRID
iPadで使用する場合、
日本語配列モデルでも、
英語配列として認識されます。
ノートパソコンHYBRID Type-S
またはHYBRID
アクリル製キーボードカバー
あると、上に載せられて便利。

HHKBは、タイピングの心地良さが追求され、疲れにくい構造の高性能キーボードです。

HHKBの使用レビューを別記事にまとめています。参考にしてみてください。

筆者の愛用モデル。テレワークが増えたのを機に、静音モデルを購入しました。

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram