【テレワークに最適】HHKB Professional HYBRID Type-S レビュー

PFUから発売されているHappy Hacking Keyboard(以下「HHKB」)は、タイピングの心地良さが追求されたキーボードです。

タイピングそのものを楽しめる優れたキーボードで、私も長らく愛用しています。

2020年夏、今まで使っていたHHKB Professional BTから、HHKB Professional HYBRID Type-S(静音モデル)に買い替えました。

今まで使っていたモデル

新しく買い替えたモデル

新モデルへの変更は、テレワークが増えたのも要因のひとつです。

変えて良かったこと・メリット

  • タイピング音が静か→家族に気を使わず入力作業ができるようになった。
  • Bluetoothの切り替えが便利→1台のキーボードでiMacとiPadに入力できるようになり作業効率が上がった。
    ※ただし、切り替えショートカットは慣れが必要。
  • 白モデルはキーの印字が読みやすい→タイプミスが減った

HYBRIDに買い変えた理由

今まで使っていたHHKB BT(標準モデル・墨)は、見た目が格好良く、打鍵感も軽快で、満足して使っていました。

長い間使っていると、ちょっとした不満を感じるようになりました。

HHKB BT墨の不満点

  • Bluetoothのデバイス切り替えが面倒
  • 標準モデルなので、音の大きさが気になる
  • 墨モデルはキーボードの文字が見えにくい

作業効率化のため、iMacとiPad2台をスムーズに切り替えられるキーボードが欲しくなりました。

折しも、テレワークが増えてきた時期。「音を気にせず、同居する家族に気兼ねなく使えるキーボードが欲しい」と思っていました。

そこで、静音モデルのHYBRID Type-S(白)を選択しました。

HYBRID(白・静音)とBT(墨)との比較

新モデルのHYBRIDは、旧モデルのBTのと比べ、外見的な変化はほとんどありません。

HHKBの白モデルと黒モデル(墨)
上:HHKB BT(墨)、下:HHKB HYBRID(白)

見た目は同じですが、機能が大幅に変化しました。

ひとつのキーボードでiMacとiPadを操作でき、効率が上がった

HHKB Professional HYBRID Type-s/白、iMac27インチ、iPad Pro
筆者の作業環境。HHKBにiMacとiPadを登録し、必要に応じて切り替える。マウスデバイスは、ロジクールのMX ERGOマジックトラックパッドを併用。

作業効率を上げるため、iMacのサブ機としてiPadを使いたいと思っていました。

LINEの返信やSNSのコメントなど、簡単な作業はiPadで行うと、iMacのリソースが節約できます。

Apple Pencilで卓上メモとしても使えますし。

iPadにスマートフォリオキーボードを付けて使うと、入力のたびにキーボードの位置を入れ替える必要があります。

「HYBRID」は、4つまでの端末を登録できます。

また、iPadOSのアップデートで、iPadでマウスを使えるようになりました。

2台の端末につなげられるロジクールのトラックボールMX ERGOと組み合わせて、快適にパソコン作業ができるようになりました。

音を気にせずタイピングできるようになった

HHKB Professional HYBRID Type-s/白 タイピング

静音処理がされていない標準モデルは、打鍵感は良いのですが、キーを押し込んで本体に当たったとき、わりと大きな音が響きます。

言葉で表すのは難しいですが、タイピングのたびに「カチャゴト カチャゴト」と音がします(「カチャ」はプラスチックが当たる音、「ゴト」は押し込んだときの本体の音)。

Type-Sモデルは、静かに「コトコト」とタイピングする感じです。

公式動画にその音が公開されています。

自室でタイピングに集中したいとき、音を気にする必要がなくなりました。

ちなみに、打鍵音の大きさの違いを数値で表すとこんな感じです(iPhoneのアプリで計測)

  • HHKB BT 標準モデル→50db
  • HHKB HYBRID 静音モデル(Type-S)→57db

私は、静音モデルに変えて良かったですが、この辺は好みの問題です。

標準モデルは、静音モデルに比べて大きな音がしますが、音のフィードバックがあり、ゴリゴリ入力する感じ。

この打鍵感は、タイピングのモチベーションにもつながるので、プログラマーやライターの方は、標準モデルを選ぶ方が多いようです。

ご家族と同居していてテレワークが増えた人、周りが静かなオフィスで使う人は、静音モデル。ゴリゴリとした打鍵感が好きな方は、標準モデルを選ぶと良いでしょう。

HHKBのモデルの選び方は、別記事で詳しくまとめていますので、ご参考に。

キーの文字が見やすくなり、タイプミスが減ってストレスが減った

墨モデルの一番の不満点は、刻印されている文字の色。

墨モデルは、デザイン性を重視し、黒色のキーに黒色の文字が印字されています。

外見は格好いいのですが、明かりを暗くすると見えにくい。

もちろん、ブラインドタッチはできますが、「、」「。」や、「:」「;」は見ないとわからないときもあるので。

白モデルは、白いキーに黒い文字が印字されているので、視認性は抜群です。

一見レトロなデザインですが、機能面を考えると白モデルで正解でした。

【新機能】キー配列を自分好みにカスタマイズできるようになった

キーマップ変更ツールが公開され、キーの配列をもっと柔軟に変更できるようになりました。

公式サイトから、キーマップ変更ツールをダウンロードし、HHKBとパソコンUSBでつなげると、キー配列を変更できます。

キーマップツールは、WindowsにもMacにも対応しています。

HHKBは、コンパクトなボディにキーを凝縮するため、独特なキー配列をしています。

キー配列にこだわりのある人は、このツールで自分好みの配列に設定できるようになりました。

もちろん、特にこだわりがなければ、そのままの配列で使ってもOKです。

ちなみに、HHKBのファームウェアの更新もこのキーマップツールを使って行います。

HYBRIDモデルから、USB-C端子が採用されました。

旧モデルまでは、micro USB端子でしたが、iPad Proとケーブルを共用できるで机の上がスッキリしました。

HHKBのカスタマイズ方法については、別記事にまとめているので、ぜひご覧ください。

Bluetooth切り替えは慣れが必要

Bluetoothのペアリングや接続の切り替えは、3つのボタンを使うので、最初はわかりにくいです。

他社製だと、ボタンひとつで切り替えれる外付けキーボードもあるので。

また、チャンネルごとのLEDがないので、何番に切り替わったのか確認できません。

サイズを小さくするためだと思いますが、やや不便だなと感じるところです。

ペアリング方法

ペアリングするときは、ショートカットでペアリングモードにした後、ベアリングの番号を指定します。

HYBRIDのペアリング方法

  • Fn+Qでペアリングモードにする(青のLEDが点滅する)
  • Fn+Ctrl+番号で、ペアリング番号を指定する(番号は1~4)
  • 青のLEDが早く点滅するので、つなげたい端末のBluetooth設定を行う
  • 端末で、キーの入力を求められるので、正しく入力した後、Enterを押す(Enterの押し忘れに注意)

私は、①にiMac、②にiPad Proを指定しました。切り替え時の待ち時間はほとんどなく、スムーズです。

③は、iPhoneを指定しています。ショートメールの返信に使えます(SMSアプリは、Enterで送信されてしまうのがネックですが)。

テレワークに最適なキーボード

HHKBシリーズは、長時間の作業でも疲れにくく、テレワーク(在宅ワーク・リモートワーク)に最適なキーボードです。

今回紹介した静音モデルを選べば、ご家族がおられるときでも音を気にせず作業に集中できます。

また、文中でも述べたように、トラックボールを併用すると、肩こり軽減につながります。

やや割高なキーボードですが、構造上長持ちしますし、長期間で見ればコスパは高いです。

キーボードは、毎日使うものだからこそ、こだわって選んでみてください。

HHKB HYBRID Type-Sのメリット

  • 複数のデバイスを切り替えて操作できるので、作業効率が上がる。
  • 静音モデルは、家族が同居しているテレワーカーに最適。
  • 白モデルはキーの文字が見やすいので、タイプミスが減る。
  • HYBRIDモデルは、キー配列を自分好みにカスタマイズできる

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram