【HHKB 3年使用レビュー】疲れにくくタイピングが楽しくなるキーボード

私は、1日の中でパソコンのキーボードに触れる時間が多い方だと思います。

「使う時間が長いのであれば、できるだけ良いものを」

と思い、3年前から、Happy Hacking Keyboard(以下「HHKB」)というキーボードをiMacにつなげて使っています。

なぜ、割高なキーボードを使うのか?

HHKBは、いわゆる「高級キーボード」の部類に入ります。

上位モデルの市場価格は3万円台。

「パソコンに付属しているキーボードで十分」

「数千円のワイヤレスキーボードで満足」

と考えている方にとって、その値段は驚きかもしれません。

あえて3万円台の高級キーボードを選ぶ理由。それは、このツイートに集約されています。

HHKBユーザーに多いのが、ライター・プログラマーなど、日常的にキーボードの入力作業をしている人です。

毎日触れるものだからこそ、「道具」にこだわりを持つのでしょう。

私も、過去にいろいろなキーボードを試してみましたが、もっとも疲れにくく、打ちやすいキーボードは、HHKBでした。

HHKBが「高級キーボード」と言われる理由

HHKBは、なぜ「高級キーボード」と言われているのでしょうか。

理由は、「静電容量無接点方式」といわれる構造にあります。

一般的なキーボードは、電気スイッチのように金属の接点でオンオフを判別するため、キーを本体の底まで押し込む必要があります。

一方、「静電容量無接点方式」を採用したキーボードは、静電気でキーのオンオフを判別する構造になっています。

その構造によって、タイピングしやすくなり、耐久性も上がります。

特殊な構造をしているため、「静電容量無接点方式」を採用しているキーボードは高価になる傾向にあります。

使って良かったこと・メリット

HHKBのメリット

  • 長時間入力しても疲れにくい
  • 掃除・メンテナンスがしやすい
  • 耐久性に優れ、コストパフォーマンスが良い

長時間入力しても疲れにくい

Apple Magic Keyboard からHHKBに変えて一番良かったことは、長時間のタイピングで疲れにくいこと。

HHKBは、キーを底まで押し込まなくても入力できるので、軽いキータッチで打つことができます。

Apple Magic Keyboardのような薄いキーボードは、キーストローク(キーを打ち込む深さ)が浅いため、HHKBと同じく軽いキータッチで打つことができます。

とはいえ、金属の接点でオンオフを感知する仕組みなので、キーを本体の底まで打つ必要があります。

これが、長時間入力のとき、疲れとして蓄積されます。

一方、HHKBは、指の力をキーボードが吸収してくれるような打ち心地で、長時間ストレスなくタイピングできます。

掃除・メンテナンスがしやすい

キーボードの中に物が挟まり、やむをえずキーを外したけど、もとに戻らなくなった――そんな経験はありませんか?

HHKBのキーはシンプルな構造で本体に付いているため、キーの抜き差しがしやすいです(外すときは専用工具を使うと外しやすくなります)。

簡単に中を掃除できるので、清潔に使うことができます。

耐久性に優れ、コストパフォーマンスが良い

HHKBには、一般的なキーボードと違い、金属の接点がありません。

静電気で入力を感知する仕組みなので、接点がすり減るということがなく、長持ちします。

メーカーによると、3,000万回以上の入力にも耐えられるのだそう。

割高な印象のHHKBですが、長期的に見るとコストパフォーマンスが良いです。

使って感じた欠点・デメリット

HHKBのデメリット

  • 厚みがある
  • モバイル用途には向かない
  • 試したくても、実機を置いている店舗が少ない
  • タイプミスをしやすい

厚みがある

厚みがあるので、少し手首を上げて入力する必要があります。

薄型キーボードに慣れた人は、逆に疲れるかもしれません。

HHKBの手前にパームレスト(手のひらを置く台)を置くと便利です。

私は、FILCOのウッドリストレストを使っています。

HHKBとサイズがぴったりで使いやすいです。木製なので肌触りが良く、頑丈で長持ちします。

HHKB Professional HYBRID Type-s/白 側面
真横から見ると、その厚みがわかる。筆者が使っているパームレストは、幅も厚みもHHKBにぴったり。

モバイル用途には向かない

何度か、HHKBを外に持ち出して、iPadのキーボードとして使ってみました。

バッグの中でかさばる上に、重量もありますので、モバイル用途では使いにくい印象です。

個人的な感想ですが、iPadの外付けキーボードは、Apple純正のフォリオキーボードがベストです。

薄くて軽いので、バッグの中でかさばりません。

また、iPadとの接続の手間がかからず、開いたらすぐに使えますし。

試したくても、実機を置いている店舗が少ない

買おうかどうか迷っている方は、実際に触って打鍵感を試してみるのが一番ですが、置いてある店舗はあまり多くないようです。

打ち心地を試したい人は、セブン-イレブンのATMを使ってみてください。

公式のTwitterでも紹介されている通り、セブン-イレブンのATMは静電容量無接点方式のキーボードが採用されています。

実機が置いてあるお店が近所になくても、身近なところで静電容量無接点方式特有の打鍵感を試すことができます。

厳密にはHHKBのキーと同じものではないですが、キータッチは近い印象です。

タイプミスをしやすい

軽いキータッチで打てるので、ちょっと触っただけで入力されます。

間違えて触っただけでも入力されてしまうこともあるので、タイプミスが多くなります。

この辺は、打ちやすさと紙一重ですね。。。

HHKBは、こんな人におすすめ

HHKBをおすすめしたい人

  • 長時間キーボードで入力作業をする人(プログラマー、ライター、ブロガー、ゲーマー)
  • 毎日使うものに、こだわりたいという人
  • パソコン作業による疲れや肩こりが気になる人

逆に、経理事務や数字入力の多い方にはおすすめしにくいかも。

HHKBは全モデルがテンキーレスですので。

私は、別途テンキーを買って数字入力をしています。

筆者が使っているSatechiのワイヤレステンキー。電卓機能付きで、計算結果をパソコンに送信することが可能。

HHKBの選び方

2020年9月現在、HHKBシリーズには、合計16種類のバリエーションがあります。

モデルは大きく分けて3種類。各モデルに3種類(または2種類)のキー配列があり、白と黒2種類のカラーが展開されています。

モデル名機能価格英語
配列
英語
無刻印
日本語
配列
HYBRID
Type-S
静音モデル
BluetoothまたはUSB-C
¥35,200
HYBRIDBluetoothまたはUSB-C¥30,250
ClassicUSB-C¥25,300
※価格は、2020年9月現在のAmazon販売価格
※黒色モデルの商品表記は、「墨」

そこそこの値段がするキーボードでもあり、最初はかなり迷うと思ういます。

職業・用途・作業環境別に、おすすめのモデルを別記事にまとめてみました。

どのモデルを選んだらよいか、迷われたときは、参考にしてみてください。

HHKBの便利な使い方

HHKBは、他のキーボードと比べ独特なキーボードです。

キーをカスタマイズしたり、アイテムを追加することで、より便利に使うことができます。

HHKBのキーをカスタマイズする

HHKBは、DIPスイッチやキーマップなどを使って、自分好みにカスタマイズできます。

仕事で文字入力が多い人は、自分好みのキーボード設定にすることで、より効率的にタイピングを行うことができます。

アイテムをそろえる

アイテムをそろえることで、さらにHHKBが使いやすくなり、タイピング効率が上がります。

もちろん単体でも十分使えるキーボードですが、周辺アイテムがあると、打ちやすさや機能性がアップします。

私がHHKBと一緒に使っている使っているアイテムは、次の5つです。

私がHHKBと一緒に使っているアイテム

  • パームレスト
  • エネループ
  • テンキー
  • トラックボール
  • 昇降デスク

それぞれのアイテムの具体的な使い方は、別記事で紹介しています。

HHKB実機レビュー

私が使ってきたHHKBは2台。

1台目は、HHKB BT(日本語配列・墨)。2台目は、HHKB HYBRID Type-S(日本語配列・白)です。

HHKB Professional BT

1台目として使っていた、BTモデル(現在は旧モデル)です。

Bluetoothによる無線接続ができるので、机の上でケーブルがからまることがありません。

BTモデルのペアリングは1台まで。4台まで切り替えできる現行モデル(HYBRID)との大きな違いです。

新モデルが出たことで、Amazonの販売価格が下がっているようです(2020年9月現在)。

パソコン1台しか接続しないという人は、このモデルでも良いかもしれません。

HHKB Professional HYBRID Type-S(静音モデル)

2019年12月に登場した現行モデルです。

Bluetoothで4台までペアリングでき、接続の切り替えがスムーズなので、作業効率が一気に上がりました。

静音モデルにしたのは、テレワークでも音を気にせずタイピングできるようにするため。

通常モデルと比べ、入力時の音が抑えられています。

HHKB導入の一番の魅力→「タイピング作業が今まで以上に楽しくなる」

HHKBは、使えば使うほど、「手になじむ」「指に吸い付く」という言葉がぴったりです。

この特性は、長いタイピング作業に真価を発揮します。

もともと、キーボードで入力する作業は好きでしたが、HHKBを使うことで、よりその楽しさが増したように感じます。

今回の記事で紹介したように、HHKBは長時間の作業でも、ストレスなく入力できるキーボードです。

プログラミング、原稿執筆、ブログ記事作成など、長時間のタイピング作業が多い方におすすめしたいキーボードです。

この記事のまとめ

  • HHKBは、打つことが楽しくなるキーボード
  • タイピングのストレスが減り、キーボード入力に集中できる
  • 毎日使うものは、こだわって選んでみよう

モデル名機能価格英語
配列
英語
無刻印
日本語
配列
HYBRID
Type-S
静音モデル
BluetoothまたはUSB-C
¥35,200
HYBRIDBluetoothまたはUSB-C¥30,250
ClassicUSB-C¥25,300
※価格は、2020年9月現在のAmazon販売価格
※黒色モデルの商品表記は、「墨」

Amazonでお得にショッピングする方法

Amazonで買い物をするとき、Amazonギフトカードに現金チャージするだけで、最大2.5%のポイントが還元されます。

プライム会員だと、還元率が高くなるので、さらにお得になりますよ。

関連記事

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

豅 純吾(ながたに じゅんご)

じゅんごSHISHOU
デジタルガジェット好きブロガー。
このブログでは、デジタルガジェット・カメラ機材・Webツール・文房具のレビュー、ガジェットを使った仕事術などを発信します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web