【すきま時間に読書習慣】iPhoneを簡単オーディオブック化(聞く読書・ながら読書)

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

気になる本がたくさんあるけど、読書する時間がない…

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

仕事が忙しいから、せめて通勤時間に本を読みたいけど、電車の中では揺れて読みにくい…

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

読みたい本がたまる一方。家事の合間に、本を読んでくれるサービスはないかしら?

筆者汗(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

「読書好きあるある」ですね。

iPhoneをお使いの方は、読み上げ機能で「聞く読書」を試してみませんか?

耳で楽しむ読書体験

iOS端末(iPhone・iPad)には、表示されている文章を読み上げてくれる機能があります。

この機能を活用すれば、場所を選ばず耳で読書を楽しむことができます。

百聞は一見にしかず。実際に使っておられる方の動画をご覧ください。

利用場面

通勤通学の電車やバスの中

ヘッドホンで本の内容を聞くことができます。

字を読むわけではないので、揺れる車内でも、本の内容を理解できます。

車酔いの心配がないのものも、嬉しいところです。

車の運転中

カーオーディオにiPhoneをつなげて、本の内容をスピーカーで聞きます。

広大な国土を持つアメリカは、長い距離を車で移動しなくてはならないため、運転しながら読書ができるオーディオブックが日本より普及しているそうです。

自動車でのスマホ操作について

※再生ボタンなど、iPhoneの操作は、停車中に行ってください。

家事・パソコン作業中

ラジオを聞くように、本の内容を流し聞き。

作業しながらだと、内容が自然と頭に入ってきます。

自宅で「ながら読書」が実現します。

運動中(ジョギング・フィットネスなど)

iPhoneをポケットに入れ、ヘッドホンで本の内容を聞きます。

運動中は、脳も活性化しているので、内容が頭に入りやすいかもしれません。

ヘッドホンのコードがからんで邪魔なときは、ワイヤレスイヤホン(AirPods Proなど)を使うと、快適に聞くことができます。

読み上げ機能の操作手順は?

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

便利なのはわかったけど、なんだか難しそう…

筆者スマイル(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

画面をスワイプするだけなので、簡単ですよ。

それでは、読み上げ機能を始めてみましょう。操作はとても簡単です。

読み上げ機能をONに

設定アプリの「アクセシビリティ」から「読み上げコンテンツ」に移動し、「画面の読み上げ」をオンにします。

iPhoneの読み上げ機能をオンにする 1
iPhoneの読み上げ機能をオンにする 2

スワイプで読み上げスタート

読み上げるアプリ(Kindle、Apple Booksなど)を開き、画面の上側から2本指スワイプします。

iPhoneの読み上げスタート(画面の外から2本指スワイプ)

この時、画面の外側から下に指を滑らせるのがポイント。

画面中央に音声読み上げの表示が出て、読み上げがスタートします。

iPhoneの読み上げ機能のコントロール

左の矢印アイコンをタップすることで、この表示をしまうことができます。

スピードのコントロールも可能です。

スワイプだけで、簡単オーディオブック化

この機能を使えば、スワイプひとつでオーディオブックを手に入れることができます。

KindleやApple Books、楽天Koboなどの電子書籍アプリで使うと、手持ちの本が簡単にオーディオブックに早変わりします。

機械特有のイントネーションや、漢字の読み間違い(「方」を「かた」と読むべきところを「ほう」と読んでみたり)といった欠点はありますが、慣れると不思議と気にならなくなります。

音声を耳で聞くと、文字を目で読むのとは違った刺激を得ることができます。

何より、時間を有効活用できるが一番のメリットです。隙間時間に読書ができるので、積読解消になりますよ。

読み上げができない本もある

iPhoneの読み上げ機能は、電子書籍のテキストを音声に変えるものです。

したがって、画像ベースの書籍は、テキストも画像データ化されているので、読み上げができません。

(コミック、雑誌、写真集、ムック本、実用書など)

ネット記事もオーディオブックに

この機能は、テキストであれば何でも読み上げてくれるので、ウェブサイトの読み上げもできます。

ブラウザ(Safar)で読んでほしいページを開いた状態で、音声読み上げをスタートするだけです。

ネット記事を読み上げるときのコツ

ウェブサイトのほとんどは、冒頭にメニューや日付、SNSのシェアボタンなどが表示されています。

iPhoneの読み上げ機能は、こういった情報も律儀に読み上げてしまいます。

ほとんどのブラウザには、本文だけを表示してくれる機能がありますので、その状態にしてから、読み上げをスタートすると、本文だけを読み上げてくれます。

試験勉強にも使える

ちなみに、この読み上げ機能は、自分で書いたテキストも読み上げてくれます。

通勤・通学中に試験の勉強をしたいときにも役立ちます。

メモアプリなどに、覚えたい内容をテキスト入力し、読み上げ機能を開始するだけです。

読み上げが間違っているときは・・・

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

人名や地名の読み方が間違ってる…

いい方法ない?

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

設定画面で、正しい読み方を指定してあげましょう。

iPhoneの読み上げ機能は、固有名詞や専門用語に弱いところがあります。

読み方を指定することで、次回から正確に読み上げてくれます。

読み方を設定する方法

例:「織田信長」を「おだしんちょう」と読み上げてしまう場合…

  1. 設定アプリの「アクセシビリティ」から「読み上げコンテンツ」を選ぶ。
  2. 「読みかた」メニューで「+」をタップする。
  3. 「語句」欄に「織田信長」と入力する。
  4. 「代替候補」欄に「おだのぶなが」と入力する。

電子書籍の読み上げで、快適読書習慣

Amazonで電子書籍がスタートした当時と比べて、書籍の数も増えましたし、端末の機能も充実してきました。

「本の購入は、ほとんど電子書籍」という人も増えてきました(筆者もその一人です)。

本の持ち運びがしやすいうえ、この記事で紹介したように、手軽にオーディオブック化できるのが魅力です。

すきま時間に本が読めるので、自然に読書量が増え、時間の有効活用につながります。

忙しい毎日を送る中で、手軽に読書習慣を付けたいという方におすすめしたい機能です。

この記事のまとめ

  • iPhoneやiPadには画面を機械音で読み上げてくれる機能がある
  • スワイプだけで、電子書籍をオーディオブック化できる
  • すきま時間に「ながら読書」ができ、読書量を増やすことができる

ちなみに、Amazonには、「Kindle Unlimited」という読み放題のサブスクリプションサービスがあります(月額980円)。

今回紹介した機能と組み合わせることで、読書が快適になりますよ。

Kindle Unlimitedは、30日間は無料で試用できます。解約も簡単ですので、一度試してみてください。

機械音声が苦手な方は、オーディブルを

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

読み上げ機能は便利だけど、機械の読み上げ音がちょっと苦手…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

朗読を録音したボイスブックサービスをおすすめします。

ボイスブックサービスは、プロの声優・俳優・ナレーターの本を読み上げてくれるサービスです。

機械音声ではなく、読み上げの間違いもないので、快適に「聞く読書」を楽しめます。

豊富なライブラリの中から、聞きたい本を探してみてください。

おすすめボイスブックサービス

どちらのサービスも、スマートフォンのアプリがあるので、外出先でも本の内容を聞くことができますよ。

紹介する電子書籍は、Amazonの月額読み放題の対象書籍です。※記事作成現在

Amazonの月額読み放題

Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」は、充実したラインナップとお得な料金設定で人気のサービスです。

利用中は、対象書籍を何冊読んでも追加料金はかかりません

また、新規に限り30日間無料でお試しできます。

一度試して、気に入ったらそのまま月額980円で継続、気に入らないときは解約できます。

詳しい使い方については、別記事で解説しています。

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram