iPadをノートパソコン化【Magic Keyboard使用レビュー】

iPadにMagic Keyboardを付けると執筆ツールとして最適だった

今更ながらですが、iPad用のMagic Keyboardを購入しました。

新しくリリースされたホワイトモデルではなく、ブラックモデルです。

Apple Magic Keyboard 日本語 ブラックモデル

配列は英語(US)にしました。ホームポジションからの手の移動が少なく、入力が早いからです。

愛機iPad Pro 11インチ(2018年モデル)で、軽快に執筆ができる環境ができ、満足しています。

Magic Keyboard購入のきっかけ

今まで、外出先で執筆をする時は、Smart Keyboard Folioを使っていました。

Smart Keyboard Folioは、便利な純正キーボードカバーですが、ペチペチとした打鍵感が好みではありませんでした。

また、Smart Keyboard Folioでマウスカーソルを使うときは、別途マウスかトラックパッドを用意する必要があります。

「iPadならタッチ操作で良いんじゃない?」

と思われる方もいると思いますが、執筆作業ではなるべくキーボードから手を動かしたくないので、トラックパッド付のMagic Keyboardを購入することにしました。

MacBook Airとの違い

話題のM1 MacBook Airにしなかったのは、iPadの方が執筆作業に集中できるから。

iPadは立ち上がるアプリが2つまで。おまけに全画面で開くので、「書く」ことだけに特化できます(もちろん、SNSやメールの通知はオフにします)。

制約があるデバイスだからこそ、作業に集中できます。

また、自室にiMacがあるのも、MacBook Airを買うに至らなかった理由です。

AdobeのLightroomやPremiere Rushなど、Macと併用できるアプリは、出先でiPadを使って大まかな作業を行い、帰ってからiMacで仕上げます。

使ってみて良かったところ

快適なキータッチ

しっかりとしたキーボードです。柔らかい打ち心地で、長文もスラスラ書けます。

11インチモデルは、リターンキーがやや狭い感じがありますが、問題なく使えています。

MacBook同様、親指でトラックパッドが使えるのもポイント高いです。

iPadが安定する

Magic Keyboardは磁石でiPad本体をホールドします。また、キーボード部分に十分な重さがあるため、安定して使えます。

Magic Keyboardは、重すぎる言われていますが、安定性を上げるため、スタンド部分の重量を増やしたのだと思います。

Apple Pencilと併用しやすい

Apple Pencilを使うときは、iPad本体を取り外す。

これは意外なメリット。

ネット上では「Apple Pencilを使う人には向かない」という評価が大半です。

もちろん、Magic Keyboardに取り付けた状態で、Apple Pencilは使いにくいです。

Apple Pencilを使うときは、iPadを取り外します。

片手でiPadの下部分に指をかけると、わりと簡単に外せます。

写真のように指をひっかけると、Magic Keyboardから簡単にiPadを取り外せる。

本体に取り付けるときも、キーボード側のマグネットのおかげで、簡単にくっつきます。

Apple Pencilを使うときに、iPadの取り外しがしやすいのもMagic Keyboardの特長です。

私は、執筆の下書きに、純正メモアプリをよく使います。テキスト入力しながら、思いついたことは、Apple Pencilでメモ書きします。

Magic Keyboardは、iPadの取り外しがしやすく、Apple Pencilと併用しやすいのが特長です。

部屋で充電しやすい

部屋でiPadを充電するとき、ケーブルの抜き差しは結構煩わしいものです。

Magic Keyboardには、充電専用の端子が付いています。

Magic KeyboardnのUSB-C充電端子。この端子は給電専用で、、データの送受信はできないので注意。

iPadをMagic Keyboardに取り付けると、すぐに充電が始まります。

iPadの「カバー」は幅広く販売されていますが、「ドッグ」はあまり出回っていません。

机上の充電ドッグとして自室で手軽に充電できるのもMagic Keyboardの特長です。

画像や動画編集がしやすい

LightroomやPremiere Rushなど、画像や動画編集でも使いやすいです。

パラメータの変更は、指で画面を触るより、トラックパッドの方が操作しやすいです。

Magic Keyboardのデメリット

モデルチェンジで使えなくなる可能性がある

旧モデルを容赦なく切り捨てるアップルさんのこと。今後、iPadのモデルチェンジによって、現行のMagic Keyboardが使えなくなることも考えられます。

2021年モデルの11インチiPad Proまでは、今のMagic Keyboardが使えますので、数年は大丈夫とは思いますが・・・

価格が高い

11インチモデル対応のMagic Keyboard は、34,980円(税込)。iPad Proと一緒に買うと、最安モデルでも13万円弱。MacBook Airの方が安いです。

HHKBの最上位モデルと同じぐらいの価格で、なおかつiPadだけしか接続できない。使う人を選ぶキーボードではあると思います。

私のようにペンシルを併用した執筆特化マシンとして使う場合は、iPad Airの方がコスパは良いかもしれません。
(それでもトータル10万円を超えますが・・・)

廃盤となった、11インチ MacBook Airの代わりと思えば、相応の価格かな? と自分を納得させてます。

iPad + Magic Keyboardを買ったほうが良い人

外出先で執筆作業を行うことが多い人

ライター・ブロガーなど、外でテキスト入力を頻繁に行う人にとって、iPad + Magic Keyboard の組み合わせは最適です。

どこでもすぐに開けますし、アプリが全画面表示しかできないので、執筆に集中しやすいのもメリットです。

また、iPadは、Apple Pencilという、手書きデバイスが使えます。

入力作業をしながら、校正・メモ書き・アイディア出しを手書きでできるのは、MacBookにはない特長です。

逆に、macOSでしか使えないアプリを使っている方は、MacBook Airを使った方が良いです。

M1搭載で、iPadOSとシームレスになりつつあるとはいえ、今のところ、Macでしかできないこともあるので。

テレワークなど、自室でiPadを使うことが多い人

前述の通り、iPadの充電ドッグとしての取り回しが良いです。

キーボードとトラックパッドの性能が高いので、入力作業で威力を発揮します。

電子書籍を読んだり、Apple Pencilを使うときには取り外し、終わったら、Magic Keyboardに取り付けて手軽に充電できます。

外出先でiPadでテキスト入力をすることが少ない人は、持ち出すときはMagic Keyboardから外し、カバーを付けて出かけるという使い方もできます。

Magic Keyboardで、iPadを簡易ノートパソコンに

iPad用のMagic Keyboardは、iPadを既に持っていて、文章の執筆が多い人やテレワークでiPadを使うことが多い人におすすめのアイテムです。

お手持ちのiPadがさらに便利なツールに進化しますよ。

Magic Keyboard購入の際は、対応機種にご注意ください(2017年以前のiPad Pro、2019年以前のiPad Airは非対応です。また、Pro・Air以外のiPadやiPad miniも非対応です)

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram