iPadでPDFを手書き校正する方法〜Apple PencilとGoodNotesで朱入れ効率化

校正作業(朱入れ)は、ライターや編集のお仕事をされている方に限らず、いろいろなお仕事の現場で必要となる作業です。

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

メールで送られてきた書類を印刷→印刷した書類にボールペンで朱入れ→朱入れした書類をスキャン→メールで返信。

いくつも工程があって手間がかかる。データでやり取りできれば良いのに。

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

書類を持ち運ぶと、カバンの中でかさばるし、折れたり、しわになったり。

PDFデータで校正できないかな?

私の周りで、そんな声をよく聞きます。

また、

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

ボールペンで書いた文字が、相手に読み間違えられた…

狭いスペースに書いたから、字が小さくて読みにくかったのかも…

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

朱入れを間違えたので修正テープで訂正。範囲が広いと時間と手間がかかる…

といった失敗も、「ボールペン朱入れあるある」です(私もよく失敗しました)。

私は、iPadとApple Pencilを使って、書類や印刷物の校正作業(朱入れ)を行っています。朱入れする書類を手書きアプリで開き、Apple Pencilで作業を行う流れです。

iPadとApple Pencilを使った校正作業の流れ

  • 書類をiPadに取り込む(PDF・画像など)
  • Apple Pencilを使って校正(朱入れ)する
  • 校正テキストは、必要に応じて活字テキストにする
  • 校正原稿をPDFファイルで書き出し、相手に送る

iPadは、Apple Pencilを本体に付けた状態で持ち運べます。iPad自体も薄くて軽いですし、カバンの中でかさばりません。

どこでもPDFの校正作業ができますし、プリンターがないところでも作業ができるのもメリットです。

昨今の情勢を踏まえ、テレワーク(在宅ワーク・リモートワーク)が増えています。書類の校正や確認を行う機会が多い方は、今回紹介する方法を参考にしてみてください。

iPadを使った朱入れが便利な理由

iPadとApple Pencilを使った朱入れ作業には、次のメリットがあります。

iPadによる校正作業のメリット

  • 物理的な書類が不要
  • 場所を選ばない
  • 細かい作業ができる
  • ペンと同じように図や字が書ける
  • 朱入れの修正がしやすい
  • データで受け渡しができる
  • 活字で校正テキストを入力できる

物理的な書類が不要

データとして保存できるので、ページ数が多くても、大量の紙を持ち運ぶ必要がありません。

また、メールで送られてきた書類でも、印刷しなくても端末上で校正作業が可能です。

場所を選ばない〜テレワーク・リモートワークに最適

ネット環境があればどこでも作業ができるので、テレワークやリモートワークに適した方法です。

iPadさえカバンの中に入れておけば、

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

メールで書類をもらったけど、外出先なので印刷できない…

といったこともなくなります。

細かい作業ができる

iPadはピンチイン・ピンチアウトで書類を拡大縮小できます。

拡大すると、細かい部分に字や記号を記入できます。

iPadとApple Pencilを使った校正作業の様子。画面を拡大すると、文字サイズが小さい部分や、間隔が狭い場所など、細かい部分を訂正できる。

紙とボールペンの場合、狭いスペースには書きづらいですし、小さな文字を書くと、字がつぶれて読みづらくなります。

ペンと同じように図や字が描ける

PDFファイルは、パソコン上で注釈ツールを使って図やテキストの挿入ができますが、使い勝手があまりよくありません。

Apple PencilはiPad上で本物のペンのように描画できるので、自分の思い通りに矢印や丸を付けたり、イラストを描いたりできます。

朱入れの修正がしやすい

手書きの朱入れは、赤い水性ペンや赤ボールペンで作業するので、朱入れを間違えた場合、修正液や修正テープで訂正します。

間違えた箇所が広いと、修正にも時間がかかります。おまけに、修正したところは上から書きにくくなります。

iPadでの朱入れは修正が楽です。消しゴムツールを使っても良いですし、「やり直し(アンドゥ)」機能を使って、前の状態に戻せます。

データで受け渡しができる

iPad上で朱入れした書類は、電子データとして保存できるので、作業が終わったらそのまま相手先にデータ送信できます。

メールアプリに添付するだけでなく、Dropbox・Googleドライブ・OneDriveなどのクラウドサービスでも共有できます。

紙の校正原稿をメールする場合、スキャンしてデータ化する必要があり、送信前にひと手間かかるのが難点です。

活字で校正テキストを入力できる

iPadのアプリによっては、活字(テキストデータ)で朱入れできるものがあります。紙の朱入れとの一番大きな違いです。

ノートアプリ「GoodNotes」で朱入れ。テキストツールを使うと、文字の訂正指示を活字テキストで入力できる。(画像下部の「Nagatani」の部分)

テキストで朱入れをすると、

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

自分の書いた文字が、相手に正確に伝わるか心配…

と心配しなくても良くなります。

また、PDFで保存した場合、朱入れしたテキストはデータとして認識されるので、相手がそのままコピペできる利点があります。

訂正内容を間違いなく伝えることができ、場合によっては訂正テキストをコピペして使えます。

朱入れする側、朱入れをされたものを受け取る側、双方にメリットがあります。

iPadを使った朱入れ作業の手順

GoodNotesをインストールする

Apple Pencil対応の手書きアプリで定番なのは、GoodNotesNoteshelfです。

どちらも、この記事で紹介した、「PDFや画像の読み込み」「Apple Pencilを使った朱入れ」「活字テキストの挿入」「PDFの書き出し」という機能を持っています。

ただし、朱入れ作業の場面では、テキストの挿入がしやすいので、GoodNotesの方が使いやすいです。

(個人的には、鉛筆ツールが気に入っているので、アイディアやメモを書くときはNoteshelfを使うことが多いですが)

まずは、iPadにGoodNotesをインストールします。

GoodNotesに書類を取り込む

作業の下準備をします。

書類がデータファイルの場合

作業する書類がデータファイルの場合は、Split Viewでファイルアプリからドラッグするのが一番手軽な方法です。

iPadの「Split View」機能を使い、ファイルアプリからGoodNotesにドラッグドロップする。

PDFの他、JPEGなどの画像データも取り込めます。

PDFファイルとしてGoodNotes側で読み込まれる。複数ページのPDFファイルも、全てのページが表示され、校正できる。

紙媒体の場合

紙の書類をiPadで校正するには、まずiPadのカメラで撮影し、画像データにします。

GoodNotesには、カメラを使ったスキャナ機能が実装されています。

角を認識して書類だけ切り取ってくれる上、画像処理で書類を見やすくしてくれます。

GoodNotesのスキャン画面。カメラで書類の四隅を認識し、書類部分だけをトリミングしてくれる。

GoodNotesで朱入れを行う

準備ができたら、 朱入れ作業を行っていきます。

赤のペンを選択する

ボールペンツール(メニュー左上のペンのアイコン)を選択し、色と太さを選ぶ。

左上のペンのアイコンをタップし、ボールペンツールを選択します。線の太さが均一なので、朱入れ作業向きです。

右の丸いアイコンをタップし、「ペンのカラー」画面で線の色を選びます。無難に赤で良いでしょう。

最後に、線の太さを決めます。線のアイコンをタップして太さを選びます。

ここは好みで良いのですが、私の場合、小さい字が主体のドキュメントなら細めに、イラスト主体のドキュメントなら太めにすることが多いです。

線の太さはあらかじめ3種類用意されています。細かく調整するには、選択している線のアイコンをもう一度タップすると、線の太さを微調整できます。

線を入れる & 丸で囲む

訂正を指示する箇所に線を引きます。ここでは、「シェイプツール」を選択します。フリーハンドで描いた線を整形してくれるツールです。

このツールを選択した状態で、線を引いていきます。

メニュー中央のシェイプツール(○△□のマーク)を選択し、Apple Pencilで線や丸を描くと、綺麗に整形してくれる(赤線の部分)。

直線、長方形、丸囲みなど、綺麗に整形してくれるので、訂正箇所の指定に重宝します。

テキストツールで訂正テキストを入力する

文字の訂正を指示するときは、Apple Pencilで文字を書いても良いのですが、前述の通り、テキストにしておいた方が正確に伝わりますし、ファイル上でコピペできるようになるので、相手の訂正作業もやりやすくなります。

テキストツール(メニュー中央)を選択すると、書類にテキストを挿入できる(画像の右下部分)。

校正テキストの挿入方法

  • 「T」と表示された「テキストツール」を選択します。
  • 文字を配置したい場所をApple Pencilでタッチします。
  • テキスト入力状態になるので、画面キーボードで文字を入れていきます。
  • 入力し終わったら、別のところをタッチします。
  • 後からテキストを訂正するときは、文字の部分をタッチして、再度入力状態にします。

データを送る

朱入れ作業が完了したら、相手先にデータを送ります。

左上の「共有アイコン」(四角形に上矢印)をタップし、「共有」メニューを表示させます。

共有アイコン(アプリ画面左上)をタップすると、共有メニューが表示される。選択肢の中から「すべてを書き出す」をタップすると、朱入れした全ページをPDFで書き出せる。

「すべてを書き出す」を選択し、「PDF」を選んだ状態で「書き出す」をタップします。オプションは初期設定のままで良いでしょう。

「PDF」を選択し、「書き出す」をタップする。

共有先が一覧で表示されます。メールアプリ、クラウドアプリなど、送り先を指定し、相手先にデータを送信してください。

あると便利な「ペーパーライクフィルム」
iPadの画面はガラスでできているので、そのままだと、硬いツルツルの板に書いているような感じになります。
私はiPadの画面に、MS factoryのペーパーライクフィルムを貼っています。
表面がザラザラした透明なフィルムなので、iPadの画面に貼ると紙と似たような書き味になります(摩擦でペン先の消耗が早くなるのが欠点ですが…)。

iPadとApple Pencilで校正書類作業の生産性アップ

オンラインで仕事をする場面が増えています。

今回紹介した方法は、ライターや編集のお仕事をされている方だけでなく、いろいろな仕事の現場で活用できると思います。

2020年、アップルはiPadにマウス接続を実装し、タッチパッド付きのマジックキーボードを発表するなど、ノートパソコンのような使い方をアピールしています。

とはいえ、純正のペンシルで自由自在に描画できるのが、パソコンにはないiPadの本来の持ち味だと私は思います。

iPadとApple Pencilを使いこなすと、どこでも快適に作業ができますし、何より作業時間を短縮できます。ぜひお試しください。

iPad + Apple Pencilで校正作業効率化

  • 校正作業がiPadで完了するので、ペーパーレス化できる
  • 紙と同じような校正作業ができる
  • 校正内容をテキストで挿入すると、相手先も便利
Apple Pencilの対応機種に注意

iPadは、機種によって対応するApple Pencilが異なりますので、新たにお買い求めの際はご注意ください。

ちなみに、私が使っている機材は、iPad Pro第2世代のApple Pencilです。iPad Air、または、無印のiPad第1世代のApple Pencilの組み合わせでも、同じように朱入れ作業ができます

iPad・Apple Pencil 対応表

iPadApple Pencil
iPad ProApple Pencil(第2世代)
iPad AirApple Pencil(第2世代)
iPadApple Pencil(第1世代)
iPad miniApple Pencil(第1世代)
※2020年11月現在の情報です。

Apple Pencil(第2世代)

iPad ProとiPad Airに対応したApple Pencil。

筆者はiPad Pro 11インチモデルで愛用。

マグネットで本体にくっつけて充電する。本体とペンをセットで持ち運べるので、思いついたときにすぐ書けて便利。

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 128GB) – スペースグレイ

iPadシリーズのフラグシップモデル。筆者は2018年モデルを愛用。

グラフィック性能が高く、Apple Pencilの描画も滑らか。他の機種に比べてスピーカーの性能も高く、YouTubeの視聴にもおすすめの1台。

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram