【Kindle Unlimitedレビュー】コスパの高い情報収集ツール

Kindle Unlimitedは、月額980円で利用できるAmazonの電子書籍読み放題サービスです。

使いはじめて約2年が経ちました。

コスパも含め、使用感をレビューします。

Kindle Unlimitedを2年間使ってみた感想

  • 幅広い情報収集をしたい人にとって、コスパの良いサービス。
  • 定額で多くの本を読めるので、良書を見つける確率が上がった。
  • 読みたい本が対象になっていないことや、一度に持てる本が10冊までというのが不満だが、概ね満足。2年間で元が取れるどころか、お釣りが来る。

使い始めたきっかけ

1ヶ月980円の価値はある?

利用を始めるまで、私のKindle Unlimitedへの印象は、正直こんな感じでした。

筆者汗(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

読み放題の対象になっている本が少ないし、ダウンロードしない月があったら、980円分損だな…

ネット記事ではなく、書籍で情報を集めたい

2年前、ウェブサイト制作の依頼が増えてきたこともあって、ウェブデザインやマーケティングのことをより深く勉強しようと思いました。

専門的な事柄は、ネットより書籍の方がより深い情報を得ることができます。

調べてみると、デザインやマーケティング関連の書籍も、Kindle Unlimitedの対象になっている本が結構あることがわかりました。

こういった専門書は、電子書籍版でも1冊1,000円以上します。

Kindle Unlimitedなら、月1冊読むだけでも元が取れる計算です。

最初の30日間は無料で体験できるので、とりあえず登録してみることに。

無料体験で自分に合わなかったら、やめればいいや、と思っていました。

広く浅く情報を集めるのに最適

結局、そのまま使い続けて今に至ります。

使ってみてわかったのは、「斜め読み」「流し読み」に最適なサービスだということ。

筆者の使い方

  • Kindle Unlimitedのサイトで、調べたいジャンルをキーワード検索。
  • 検索結果に表示された本を、上から順に10冊ダウンロード。
  • その10冊をいっきに斜め読み(目次を見て、気になる項目に移動する)。
  • 必要なことが書かれた箇所にハイライト(必要に応じてメモ)を記入。
  • 斜め読みが終わったら、新しい本をダウンロードする(=読み終わった本を返す)。
  • 以下繰り返し

kindle書籍は、自分で付けたメモとハイライトをブラウザでいつでも見返すことができます。

Kindle Unlimited対象の書籍も同じように記録できます。メモとハイライトは本を返却しても残ります。

大事な箇所を後から読み返すことができるので、たくさんの本を読んで情報を集めるときに重宝します。

良書に出会える確率が上がった

Kindle Unlimitedを使い始めて、本を入手するハードルが下がりました。

「10冊まで借りれる図書館」というイメージで使っています。

「この本は自分に合わない」

「この本には求めている情報が載っていない」

と思ったら、そのまま返却し、新しい本をダウンロードすれば良いのです。

試し読みできる冊数が増えるので、自分が求めている本に会える確率が上がりました。

使ってみてわかったメリット

対象書籍に良書が多い

2016年8月、Kindle Unlimitedのサービスが始まったころは、対象となっている本の数が少なかったようです。

私が利用を始めた2018年には、対象書籍が充実していました。

サービスを開始して2年間で幅を広げていったのでしょう。

私が勉強したいと思ったウェブマーケティングのジャンルでも、良書を読み放題でダウンロードできました。

私がダウンロードしたウェブマーケティング関連の書籍(Kindle Unlimited対象書籍)

雑誌の最新号・バックナンバーが読み放題

雑誌の良いところは、最新の情報を写真付きで読めること。

メジャーな雑誌も、Kindle Unlimitedの対象になっています。

私は、ガジェット系の雑誌をよく読んでいます。

flick!

Mac Fan

デジタルカメラマガジン

その他、経済、ファッション、料理、子育てなど、幅広いジャンルの雑誌が対象になっています。

バックナンバーも読み放題の対象になってるので、登録したその日に、過去10か月分のバックナンバーをまとめて端末にダウンロードすることも可能です。

※雑誌やムック本など、画像の多い書籍はデータが大きいので、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨。

いつでも読めるという安心感がある

持てる本の上限が10冊なので、新しい本を読む場合、その都度返却する必要があります。

一度返却しても、その本が読み放題の対象になっている限り、無料で再ダウンロードすることができます。

Kindle Unlimitedに登録している間は、いつでもその本にアクセスできるという安心感があります。

ベストセラーの本も対象になっている

「古くてあまり読まれない本が、読み放題になってるんじゃない?」

登録するまで、こう思っていました。

ところが、意外とベストセラーになった本も読み放題の対象になることも多く、サブスクリプションだからといって侮れないサービスです。

例えば、ビジネス文章本としてベストセラーになった「言葉ダイエット」。この本もKindle Unlimitedの読み放題でダウンロードすることができます。

使ってみてわかったデメリット

一度に保存できるのは10冊まで

前述の通り、読み放題といっても、一度にダウンロードできるのは10冊までです。

11冊目の本をダウンロードするときは、今保存している本を1冊返却する必要があります。

図書館をイメージするとわかりやすいですよね。

斜め読みで一気に情報収集したいとき、10冊では足りないこともあり、この辺は不満なところです。

読みたい本が、読み放題の対象になっていないこともある

お目立ての本が対象外…

「Kindle Unlimitedあるある」です。仕方ないことではありますが。

対象書籍が何の予告もなく変わることがある

一度読み放題でダウンロードして、返却。もう一度読みたくなったので、再ダウンロード…と思っていたら、Kindle Unlimitedの対象から外れていた…

ということが時々あります。

Kindle Unlimitedが向いている人

幅広く情報を調べたい人

読み放題サービスなので、書籍を買うことへのハードルが低くなります。

その上、流し読みが気軽にできるので、広く浅く知識を得るのに適しています。

そういう意味で、気になるジャンルのトレンドを知るのに最適なツールでもあります。

テレワーク(リモートワーク・在宅ワーク)などで外出できないとき、資料を探すのにも便利です。

読書の習慣を付けたい人

書店に行かなくても、手元にあるPC・タブレット・スマホのブラウザで本を探すことができます。

この手軽さが読書のハードルを下げ、自然と読書習慣がつくようになります。

最近の状況下で外に出るのが難しい場合でも、オンラインで使える図書館として活用できます。

外出先の空き時間に読書したい人

10冊上限いっぱいの本をダウンロードしても、それは端末上のことだけ。荷物が増えることはありません。

それに、オフラインでも読むことができるので、一度ダウンロードしてしまえば、ネットが繋がりにくい場所でも、読書を楽しむことができます。

Kindle Unlimitedが向いていない人

本をコレクションしたい人

Kindle Unlimitedで一度に保存できるのは10冊まで。

コミックや、シリーズ本など、アプリの画面上に並べて楽しみたいという方は、実際に購入した方が良いでしょう。

本は紙じゃないと駄目、という人

電子書籍全般に言えることですが、紙の本でないとダメと言う人には、お勧めできません。

(もちろん、私も紙の本の質感は好きですが、「情報」という観点で見ると、電子書籍の方が便利です。)

小説をじっくり読みたい人

小説の断片をスクラップブックに貼る人は、なかなかいないと思います。

物語は断片ではなく、全体の流れを楽しむものだからです。

ざっくり斜め読みして、必要な箇所を記録したら、返却してまた新しい本を探す――という情報収集の用途とは真逆の使い方ですね。

一冊の本にじっくり向き合い、物語を楽しむという読書スタイルには、Kindle Unlimitedは不向きでふ。

(もちろん、小説の多くが読み放題になっています。コスパという意味では向かないという意味です)

「斜め読みに特化した読み放題サービス」と考えるとコスパの良いサービス

Kindle Unlimitedを2年間使ってみた感想

  • 幅広い情報収集をしたい人にとって、コスパの良いサービス。
  • 定額で多くの本を読めるので、良書を見つける確率が上がった。
  • 読みたい本が対象になっていないことや、一度に持てる本が10冊までというのが不満だが、概ね満足。2年間で元が取れるどころか、お釣りが来る。

この記事で紹介したように、「広く浅く情報を集めるために、ざっくりと斜め読みして大事な箇所を保存しておく」という目的で使うとコスパが良いサービスです。

図書館を持ち運ぶ」というイメージで使っていくことができます。

月額読み放題なので、本を買うことのハードルが下がります。新しい本との出会いが広がるサービスです。

また、ご自宅で読書を満喫したい方や、テレワークで資料が必要になった方にもおすすめ。

30日間は無料で試用できます。解約も簡単ですので、一度試してみてください。

Kindle Unlimitedの具体的な登録方法・使用方法・解約方法については、解説記事をご覧ください。

電子書籍を活用した「デジタル読書術」についてまとめました。あわせてご覧ください。

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram