LINEで動画が送れない!? スマホで撮った動画を無料で手軽に共有する方法

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

スマホで撮った30分の動画を、LINEで友達に送りたい。

でも、制限があって送れないみたい…

良い方法ない?

私の知人からの相談です。

話を聞いて、私も自分のスマホで試してみました。

LINEアプリで8分ぐらいの動画を選ぶと、「最大5分まで送信できます。」というメッセージが現れます。

5分を超える動画を選ぶと、メッセージが表示される(画面下部分)

送ってみると、8分の動画が3分カットされて、5分の動画が相手に届きました。

LINEの動画送信には5分の時間制限があり、それ以上の長さだと、送るときに強制的に短くされるようです(2020年6月現在の情報です)。

動画はどうしてもファイルのサイズが大きくなります。

LINE側としても、サーバーを圧迫してしまうので、できるだけ容量を抑えたいと考えているのでしょう。

動画をカットして5分以内にしたらLINEで送れますが、カットせずに送りたい時もありますよね。

この記事では、LINEの間に別のツールをはさんで5分以上の動画を送る方法を紹介します。

オンラインの画像保存ツールを経由して送る

先ほども書いたように、長時間の動画をLINEで直接送信できません。

そこで、オンラインツールを経由して動画を共有します。

動画をいったんオンライン上に保存し、共有リンクを送信すると、相手がその動画を閲覧できる、というわけです。

動画の共有には「Googleフォト」が無料で使いやすい

今回は、Googleが提供する「Googleフォト」を使います。使い勝手の良いクラウドツールで、私も愛用しています。

動画でも無料?

Googleフォトは、名前の通り、写真をオンライン上に保存するサービスですが、動画も保存できます。

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

動画って、ファイルのサイズが大きいから、課金されるんじゃ…

筆者汗(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

無料アカウントでも、動画をアップロードできますよ。

アップロードした動画は、多少画質は落ちますが、スマホで見る分にはあまり気になりません。

Googleフォトは、容量無制限で使えましたが、2021 年 6 月 1 日以降、無料アカウントは最大容量が15GBです。

iPhoneでもOK?

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

Googleのサービス、ってことは、対応してるのはAndroidだけ?

私、iPhoneなんだけど…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

iPhoneにも公式アプリがありますので、ご安心ください。

また、受け取る相手は、スマホにアプリが入っていなくてもOKです(アプリが入っていない場合は、ブラウザーが開きます)。

Googleフォトを使うと、スマホの機種に関係なく、動画の共有ができます。

動画が他人に見られてしまう?

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

ネットに動画を公開して大丈夫?

誰かに勝手に見られない?

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

動画のリンク(アドレス・URL)を知っている人だけが、その動画を閲覧できます。

リンクが知られない限り、他人に見られることはまずありません。

Googleフォトの動画は、限定公開なので、ご安心ください。

LINEとGoogleフォトで動画をシェアするときの流れ

大まかな流れは、次の通りです。

動画を送る人

  • Googleフォトに動画をアップロードする。
  • アップロードした動画の共有リンクを作る。
  • LINEでは「共有リンク」だけを送る。

動画を受け取る人

  • LINEで送られてきた「共有リンク」をタップする。
  • Googleフォト(またはブラウザー)が開き、アップロードされた動画が表示される。
  • Googleフォトの再生ボタンをタップし、アップロードされた動画を見る。

Googleフォトを経由して、LINEで動画を送る具体的な手順

それでは、具体的な手順を説明します

画像はiPhoneのスクリーンショットですが、Androidでも基本的な操作は同じです。

Googleフォトのアプリをインストールする

まずは、アプリをスマホに入れます。AndroidもiPhoneもアプリは無料です。追加課金もありません。

インストールしたら、アプリを開き、Googleのアカウントでログインします。

Googleのアカウントを持っていないときは、アカウント作成の項目をタップし、新規でアカウントを作ります。

送りたい動画をGoogleフォトにアップロードする

Googleフォトは、スマホで撮った動画や画像を、自動的にオンラインに保存してくれるアプリです。

  • Googleフォトアプリの設定画面「バックアップと同期」を開きます。
  • バックアップと同期」をオンにします。

これで、スマホで撮影した動画や写真が、Googleフォトに自動で保存されます。

アップロード中は、動画の右下の矢印がぐるぐる周ります。それが消えたらアップロードが完了したサインです。

私が検証したときは、30分で撮影した動画のアップロードに、5分ぐらいかかりました。
Wi-Fiの速度にもよりますが、長い動画ほどアップロードにも時間がかかります。

アップロードが完了したら(矢印の回転表示が消えたら)動画をタップして開きます。

共有」アイコンをタップします。

共有メニューの中から、「リンクを作成」または「URLを作成」をタップします。

共有リンクを作成するかどうか確認されますので、「リンクを作成」をタップします。

この時、動画のリンクがコピペされた状態になります。

そのまま、LINEアプリを開き、送りたい相手のトーク画面を開きます。

後は、メッセージ欄に共有リンクを貼り付けて、送信するだけです。

受け取る人の操作(共有された動画を見る・保存する)

送信先の相手は、そのリンクをタップすると、動画を閲覧できます

前述の通り、リンクを知っている人だけが見える仕組みなので、他人に漏れる心配はありません。

また、相手側のスマホに、Googleフォトのアプリが入っていなくても大丈夫です。

入っていない場合は、ChromeやSafariといったブラウザーで動画が開きます。

その動画は、自分のスマホにも保存できます。

アプリでの保存方法

保存した動画を開きます。

右上のメニューアイコンをタップし、「デバイスに保存」を選択します。

ブラウザーでの保存方法(「Googleフォト」アプリが入っていない場合)

一覧画面で、右上のメニューアイコンをタップします。

写真を選択してください」をタップした後、保存したい動画を選びます。

もう一度、右上のメニューアイコンをタップし、「ダウンロード」を選択します。

オンライン共有で手軽に動画送信

LINEに限らず、メッセージ・チャットアプリは、動画の送信に制限があることが多いです。

そこで、一度別のオンラインツールをはさみ、容量の心配をせずに送信できます。

また、オンラインサービスに保存しておけば、スマホ本体の動画を削除してもオンラインで見れるので、本体の容量の節約になります。

Googleフォトは手軽に動画を共有したいときに便利なツールです。ぜひお試しください。

LINEで5分以上の長い動画を送る方法

  • LINEで長い動画を送るときは、Googleフォトを使う(無料)
  • 送りたい動画をGoogleフォトにアップロードする
  • アップロードが終わったら、Googleフォトの動画リンク(URL)をLINEで送る

紹介する電子書籍は、Amazonの月額読み放題の対象書籍です。※記事作成現在

Amazonの月額読み放題

Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」は、充実したラインナップとお得な料金設定で人気のサービスです。

利用中は、対象書籍を何冊読んでも追加料金はかかりません

また、新規に限り30日間無料でお試しできます。

一度試して、気に入ったらそのまま月額980円で継続、気に入らないときは解約できます。

詳しい使い方については、別記事で解説しています。

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram