【デジタル読書術】電子書籍のメリットを活かし読書習慣を身につける

いつでもどこでも、すきま時間に読書できるのが、電子書籍の良いところ。

たくさんの蔵書をお手持ちの端末に入れて持ち運びできます。

オンラインで注文したら、すぐよみはじ本に書かれている言葉をすぐに検索できるなど、デジタルならではの便利機能がたくさんあります。

また、紙の書籍より安い場合が多く、読み放題のサブスクサービスもあるなど、コスパにも優れています。

とはいえ、紙の本に慣れていると、端末で読む電子書籍は敷居が高いものです。

「紙の本より、電子書籍」という人も増えてきています

筆者もその一人で、AmazonのKindle電子書籍サービスで読書を楽しんでいます。

このページでは、便利でコスパの良い「デジタル読書術」を紹介します。

電子書籍のメリット

電子書籍の長所・メリット

  • 電子データなので、かさばらない
  • スマホで読めるので、すきま時間に読書ができる
  • オンライン購入なので、すぐ読書を楽しめる & 売り切れの心配がない

電子データなので、かさばらない

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

部屋が狭くて、大きな本棚が置けない…

良い方法ない?

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

通勤や空いた時間に本を読みたいんだけど、バッグに入れるとかさばるし、重いし…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

電子書籍なら、何冊持っていても保管場所に困りません。本棚を丸ごと持ち歩くようなものですね。

本の保管や持ち運びは、読書好きの方にとって、悩みのタネですよね。

筆者も読書好きで、同じ悩みを持っていました。

電子書籍は、デジタルデータなので、端末に全て保存されます。

膨大な蔵書をコンパクトにまとめておけるのが、電子書籍の強みです。

すきま時間に読書ができる

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

忙くて、なかなか読書の時間が取れません。

読んでない本が溜まってて…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

電子書籍は、専用の端末が必要と思われがちですが、お手持ちのスマートフォンでも読むことができます。

文庫本はともかく、ハードカバーや分厚い専門書をポケットに入れて持ち運ぶのはほぼ不可能です。

スマホなら、ポケットに入れて持ち運べるので、電子書籍アプリでいつでも読書が可能です。

空き時間を有効活用できるので、読書量も増えていきます。

オーディオブック化で、「聞く読書」

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

仕事が忙しくて、せめて通勤時間に読書をしたいけど、電車の中では揺れて読みにくい…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

iPhone限定ですが、電子書籍をオーディオブック化する機能があります。

iPhoneには、画面の文字を電子音で読み上げてくれる機能があります。

電子書籍アプリでこの機能を使うと、表示されている本の内容を読み上げてくれます。

忙しいときも、通勤や家事の合間に「聞く読書」「ながら読書」を楽しめます。

このように、手持ちのスマホで読めたり、音声で聞いたりと、何かと使い勝手が良いのが「デジタル読書」の特長です。

オンライン購入なので、すぐ読書を楽しめる&売り切れの心配がない

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

本屋に行く時間が取れない…

大きな書店は、職場から離れたところにあるし、良い方法ないかしら?

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

読みたい本が売り切れだった…

取り寄せだと、時間がかかるみたい。今すぐ読みたいのに…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

電子書籍なら、ネットで購入してすぐ読書できますよ。

ダウンロード販売なので、在庫切れの心配もありません。

電子書籍は、欲しい本を注文したら、その場で読み始めることができます。

デジタルデータなので、紙の本のように売り切れの心配はありません。

欲しいと思ったその時から、本を読めるのは電子書籍の良いところです。

電子書籍のデメリット

もちろん、電子書籍にも欠点があります。

電子書籍のデメリット

  • 電子書籍化されていない本もある
  • 端末の充電が切れたら読書できない
  • 電子データなので、本棚に並べる楽しみがない

電子書籍化されていない本もある

世の中の本が全て電子書籍で出版されているわけではありません。

電子書籍化されていない本は、紙の本を取り寄せるしかないですね。

少し手間はかかりますが、ブックスキャナーを使って、紙の本を電子データ化するという方法もあります。

端末の充電が切れたら読書できない

スマホやタブレット、電子書籍リーダーの最大の弱点は、バッテリーです。

充電が切れたら、本を読むことができなくなります。

万が一のため、モバイルバッテリーを一緒に持ち歩くと良いでしょう。

電子データなので、本棚に並べる楽しみがない

電子書籍は、データなので、実物がありません。

コミックを全巻集める、本棚の背表紙を眺めて楽しむといった、コレクション的な楽しみ方はできません。

それぞれの良さを活かす

紙の本は、装丁を楽しんだり、インテリアとして飾ったりすることができます。

読書家の中には、紙の肌触りや特有のにおいが好きという方も多いでしょう。

紙の本、電子書籍、どちらが優れているということではなく、それぞれの良さを活かしながら読書を楽しむのが「デジタル読書術」です。

おすすめは、「Amazon Kindle」

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

電子書籍サービスってたくさん種類があって、どれにしようか迷うんだけど。

筆者スマイル(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

私は、Amazon Kindleをおすすめします。

Amazon Kindleは、Amazonが提供する電子書籍サービス。

膨大な数の書籍を取り扱っており、ほとんどのジャンルを網羅しています。

Amazon Kindleには、次のような特長があります。

Amazon Kindleの特長

  • 端末を選ばす読書できる
  • 読み放題サービスがある
  • マーカーやメモが保存される

端末を選ばず読書できる

Amazon Kindleは、無料の読書アプリをリリースしています。

スマートフォン・タブレット・パソコンに対応しており、端末を選ばず読書を楽しめます。

端末同士はオンラインで同期しているので、読んでいる途中で端末を変えても、続きから読み進めることができます。

メモやハイライトも同期しますので、スマホを機種変更しても、印を付けた箇所はそのまま残ります。

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

スマホやパソコンで読めるのは良いけど、長い時間だと目が疲れるんじゃない?

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

長時間読書される方や、目の疲れを気にされる方は、Kindleの電子書籍リーダーを使いましょう。

紙に印刷したようなディスプレイ表示で、目に優しいのが特長です。

本体は軽く、コンパクト。バッグの中で場所を取りません。

シリーズの中でも、Kindle PaperwhiteKindle Oasis は、印刷物と同じレベルの解像度なので、紙の本のような読書体験ができます。

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

値段を見たけど、本を読むだけの端末なのに10,000円以上するの?

筆者汗(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

セール期間を狙うと良いです。
Amazonも、端末を普及させたいという狙いがあるので、わりと頻繁に割引してますよ。

電子書籍リーダーは、本を読むことに特化した端末です。

だからこそ、着信や通知を気にせず、本に集中できるのもメリットですね。

読み放題サービスがある

Amazon Kindleには、月額980円で対象書籍が読み放題になる「Kindle Unlimited」というサブスクサービスがあります。

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

月額980円なんでしょ?

読まない月があったら、損じゃない?

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

私もそう思っていましたが、意外と元が取れてしまいます。

専門書は1,000円以上するものが多いですし。

「月額980円」と聞くと、ハードルが高い印象ですが、幅広く情報収集をしたい人にとってはコスパの良いサービスです。

また、読み放題で多くの本を読めるので、良書を見つける確率が上がりました。

Kindle Unlimitedは、初回は30日無料でお試しできます。

自分に合わないと思ったら、簡単に解約できます。

電子書籍で読書習慣を身につける

電子書籍を活用すると、読書習慣が身につきます。

ご自宅、外出先、通勤・通学時など、いつでもどこでもページを開くことができるからです。

本を開くハードルが下がるので、自然と読書を続けられます。

電子書籍を活用し、デジタル読書を楽しんでください。

電子書籍の長所・メリット

  • 電子データなので、かさばらない
  • スマホで読めるので、すきま時間に読書ができる
  • オンライン購入なので、すぐ読書を楽しめる & 売り切れの心配がない

関連記事一覧

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram