【テレワークおすすめアイテム】在宅勤務の「困った」を改善する便利なガジェット

同居しているご家族やペット・家の周りの音など、テレワークには、職場とは違った悩みがつきものです。

それに加えて、長時間の作業が続くと、疲れが溜まりやすくなりますよね。

筆者は、愛用のガジェットをを活用し、テレワークの環境を改善してきました。

この記事では、テレワークの「困った」を改善するアイテムを紹介します。

アイテムを組み合わせると、仕事環境が快適になり、作業効率が上がります。

テレワークの環境を自分好みにカスタマイズしていきましょう。

長時間のパソコン作業を快適にするには?

マウスの肩こりを改善するには?

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

長時間マウスで作業していると、肩がこって…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

マウスではなく、トラックボールで操作してみましょう。

ボールを指で回転してマウスカーソルを操作するトラックボール。

本体を固定し、指先だけで操作するので、腕や肩の負担が軽減します。

慣れると、通常のマウスには戻れません。

筆者はロジクールのトラックボール MX ERGOを愛用しています。

キーボード入力の負担を改善するには?

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

資料作りで長い文章を打つことが多いんだけど、肩はこるし、指先は痛くなるし…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

テキスト入力が多い人は、上位モデルのキーボードに変えてみることをおすすめします。
良いものを使うと、トータルでコスパが良いですよ。

マウス同様に体に負担がかかるのが、キーボード入力。

一般的なキーボードは、その構造上、指へのダメージが大きくなります。

そこで、ライターやプログラマーなど、長時間タイピングする人がよく使う上位機種を使ってみましょう。

筆者が使っているキーボードは、PFU社から販売されている「HHKB(Happy Hacking Keyboard)」です。

長時間の入力作業でも体に負担がかかりにくい構造になっています。

割高な印象ですが、耐久性が高いので、コストパフォマンスに優れているのが特長です。

上記静音モデル(Type-S)は、タイピングの音が小さく、テレワークでご家族がおられる方に最適です。

猫背を改善するには?

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

パソコン作業をしていると、いつの間にか猫背に…
姿勢が悪いせいか、体もだるいし…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

机やモニターの高さを見直してみましょう。高さ調整ができるものもありますよ。

タイピングやマウス操作をするとき、ご自身の身長に机の高さが合っていないと、姿勢が悪くなり、疲れやすくなります。

市販のデスクは、高さ70cmまたは72cmのものが多いですが、キーボードやマウスを使うのに最適な高さは、もう少し

昇降デスクを使うと、ご自身の身長に合わせて机の高さを調整できます。

筆者は、バウヒュッテの昇降式デスクを使っています。高さは65cmにしています。

また、モニターの位置が低い場合も、猫背になりやすいです。

特に、ノートパソコンを使う場合、前かがみで下を向く姿勢になるので、首や肩に負担がかかります。

そこで、別にモニターを用意し、ノートパソコンと接続しましょう。

正しい姿勢でパソコン作業ができるうえ、広い画面で作業できるので、生産性も上がりますよ。

筆者はDELL製のモニターを愛用しています。4Kディスプレイは値が張りますが、フルHDのものは1万円台で購入できます。

机の上にモニターを置くスペースがないときは、モニターアームを使いましょう。

モニターを机の上から浮かして使えるので、机のスペースを有効に使えます。

腰痛を改善するには?

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

テレワークで座りっぱなしのせいか、腰痛がひどくなった…

筆者汗(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

椅子が原因の場合もあります。
少し値が張りますが、良いパソコンチェアを探してみましょう。

姿勢が悪いと、腰やその周辺の筋肉に負担がかかり、腰痛の原因になります。

腰当てや肘掛け付きの椅子を使うことで、腰への負担を軽くすることができますよ。

また、ヘッドレストが付いていると、首や肩への負担が少なくなります。

良い椅子の値段はピンキリですが、筆者は、エルゴヒューマンのオフィスチェアを使っています。

値段は張りますが、座り心地を考えて作られており、肘置きの位置が調整できるなど、細かい配慮が施された椅子です。

特に40代以降の姿勢に悩んでいる方におすすすめです。

それ以前は、ゲーミングチェアを愛用していました。

ゲーマー用に作られているだけあって、体をしっかり固定してくれるので、長時間の作業に最適です。

見た目はちょっとごついですが、前述のエルゴヒューマンよりお求めやすい価格帯です。

集中して作業するには?

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

自宅だと、周りの音が気になって集中できない…
耳栓だと、今度は音楽が聞けなくなるし…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

ノイズキャンセリング機能が付いているAirPods Proをおすすめします。

AirPods Proは、コンパクトなワイヤレスイヤホン。外部の音を遮断してくれるノイズキャンセリング機能が付いています。

ワイヤレスイヤホンの長所は、軽くてコードがないところ。

着けていることを忘れるくらい、自然にフィットします。

バッテリーもそこそこ持ちますので、テレワークに便利なイヤホンです。

Apple AirPods Pro

筆者も愛用しているワイヤレスイヤホン。
邪魔なコードがなく、ノイズキャンセリング・外部音取り込みの切り替えができ、高性能。
軽くコンパクトで目立たないので、オンライン会議のヘッドセットにもおすすめ。

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

テレワークだと、集中力が続かない…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

「ポモドーロテクニック」を取り入れることををおすすめします。
25分作業し、5分休憩を入れるという単純な方法です。
iPhone用のアプリもありますので、手軽に実践できるのが特長です。

ポモドーロテクニックは、「25分集中→5分休憩」を繰り返すという、時間管理法です。

単純なやり方ですが、集中力を続けるには効果的です。

ポモドーロテクニック用のiPhoneアプリも多くリリースされています。

筆者は、Flat Tomatoというアプリを愛用しています。

Apple Watchに対応しているので、手元で操作でき、通知も確実なので便利です。

スケジュールやタスクを上手に管理するには?

女性疑問(イラスト:ヘイソン・ニャー)

在宅ワークはスケジュール管理が難しい…

良い方法ないかな?

筆者スマイル(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

Apple Watchを時間管理ツールとして使ってみましょう。

Apple Watchは、振動で通知してくれます。

スマホの通知音やバイブと違い、肌で直接振動を感じることができるので、通知を見逃すことがありません。

カレンダーアプリやToDoアプリで予定を設定しておくと、時間になったらトントンと優しく知らせてくれます。

Apple Watchは、確実に予定を教えてくれる「デジタル秘書」として、テレワークで活躍してくれるアイテムです。

また、前述の通り、ポモドーロテクニックに対応したアプリもあるので、集中して作業したいときにも活躍してくれます。

Apple Watchは、割高なイメージがありますが、旧モデルだと2万円台前半で購入できます。

女性お悩み(イラスト:ヘイソン・ニャー)

ノートパソコンの周辺機器をバッグに入れると、出し入れが煩わしいのよね…

筆者真顔(イラスト:ヘイソン・ニャー)
筆者

筆者は、「ひらくPCバッグシリーズ」を愛用しています。

机の上で自立し、中身が確認しやすいので、必要なものをすぐに取り出すことができ、自宅でも外出先でも使いやすいですよ。

「ひらくPCバックシリーズ」は、「ペン立てのように使えるバッグ」というコンセプトで作られています。

横から見ると三角形の形状になっており、倒れにくくなっています。

また、間口が広いので、中身を一覧しやすく、立てた状態で中のものを取り出しやすいです。

自宅では、バッグを机の横に置き、書類・文具・アクセサリを必要に応じて取り出します。

外出時にはまとめて持ち出します。

自宅と同じ環境で仕事ができるので、書斎を持ち出す感覚で使っています。

筆者は、ショルダータイプの「ひらくPCバッグ」を3年ぐらい使っていましたが、最近では、バックパック型の「ひらくPCリュック」を愛用しています。

リラックスして仕事をするには?

在宅ワークのときは、好きな音楽をBGMにしたい。

Amazonのスマートスピーカーが便利です。話しかけるだけで操作できるので、作業しながら曲や音量をコントロールできますよ。

Amazonから発売されているスマートスピーカーの「Echo」シリーズ」。

音声操作できるのが特長で、Amazon Musicの曲を再生することもできます。

「アレクサ、〇〇をかけて」と言うだけで、好きな曲を流してくれます。曲を止めたいときは、「アレクサ、ストップ」というだけです。

「アレクサ、ボリューム上げて(下げて)」と言えば、音量の調整もできます。

筆者は、ディスプレイ付きのEcho Show 5を使っています。スマホサイズですが、なかなかの高音質です。

時計表示ができるので、置き時計変わりにもなるのが便利です。

ただ、無料で使えるAmazon Musicは、曲数が少ないのが難点です。

月額500円のAmazonのプライム会員になると、Echoで聴ける曲が200万曲に増えます。

普段からAmazonで買い物をする人は、Amazonプライムに登録しておくと良いでしょう。

さらに、Amazon Music Unlimited(プライム会員は月額780円)に登録すると、6500万曲以上が聴き放題になり、広いジャンルの楽曲を楽しむことができます。

Amazon Music Unlimitedは、プレイリストが充実していて、気分に合わせたジャンルの音楽を流しっぱなしにすることもできます。

30日間の無料お試しもできますよ。

仕事環境をカスタマイズし、テレワークを快適に

筆者がテレワークで愛用しているガジェットを紹介しました。

テレワークの良いところは、仕事環境をカスタマイズしやすいこと。

自分好みの仕事環境を作れば、快適に作業できるようになり、生産性がアップします。

この記事がご参考になれば幸いです。

テレワークの生産性を上げる便利技を別記事で紹介しています。ガジェットを組み合わせたり、ウェブサービスを活用したりすることで、作業環境を快適にできますよ。

関連記事一覧

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram