Zoomでオンライン会議やセミナーの音質を上げる方法<前編>モニタリング・設定

オンラインで会議が増え、スクールや教室を開かれている方が、オンラインで講義やレッスンを行う事例も増えてます。

中でもよく使われているサービスは「Zoom」です。

Zoomは様々なデバイスに対応し、導入のハードルが低く、ユーザーが急増しています。

この記事では、Zoomの音質を上げる方法を紹介します。

オンラインコミュニケーションで重要なのは音声

ビデオを使ったオンラインコミュニケーションでは、動画の画質向上に気を取られがちです。

しかし、「情報を伝える」という意味では、音声の質を上げる方が大切です。

セミナーやレッスンでは特に音質が重要です。ノイズの多い音声やこもった音声が長時間配信されると、聞く側は苦痛に感じます。

また、会議で自分の声が不明瞭だと、他の出席者に情報が正確に伝わりません。

情報を確実に相手に伝えるため、配信の音質にこだわってみましょう。

自分のオンライン上での音声をモニタリングしてみる

とはいえ、自分の声がZoomでどのように聞こえているのか、ミーティング中には確認できません。

そこで、Zoomミーティング録画機能を使って自分の声をモニタリングします。

無料会員の場合は、この機能を使って、パソコンに映像と音声を記録できます(ファイル形式はmp4です)。

※有料会員は端末からクラウドに保存できます。

設定画面の「レコーディング」メニューで保存先を指定する。

PCでミーティング参加中に、画面下のメニューにある「レコーディング」ボタンをクリックすると、録画が始まります(ミーティングを終了すると、動画が保存されます)。

ミーティング画面の下部に「レコーディング」ボタンがある(画像の赤丸部分)

この映像ファイルには音声も保存されますので、Zoom上の自分の声がどのように聞こえているのか、確認できます。

Zoomの音質を上げるには

Zoomの音質を上げるためには、アプリ側で設定を変更する方法と、音の入口(マイク)を変える方法があります。

アプリ側の設定を変更する

ZoomのPCアプリで、「設定」>「オーディオ」>「詳細」と選択します。

「連続的な背景雑音の抑制」と「断続的な背景雑音の抑制」を「無効化」にします。

ノイズ抑制機能をオフにすると、不自然な補正がかからず、自然な音質になります。

当然ノイズが入りやすくなりますので、使用環境に応じて設定してください。

この記事で紹介したモニタリング方法で、実際に音を聞いてみると良いでしょう。

マイクを変える

音の入口であるマイクを、パソコンの内蔵マイクではなく、外部マイクに変更します。

内蔵マイクの音質はあまり良くないうえ、周辺の音を拾いやすいものが多いです。

そこで、マイクそのものを変えて、音質を上げます。

  • Zoomで使うマイクを変えるときは、PCアプリで、「設定」>「オーディオ」と選択し、「マイク」または「Microphone」の項目で変更します。
  • 会議の最中でもマイクの変更は可能です。左下のマイクアイコンの横にある矢印をクリックし、使いたいマイクを選びます。

マイクの音質比較

では、どういったマイクを選ぶとZoomの音質が向上するのでしょうか。

実際に私が持っているマイクを使って比較検証しました。

後編でまとめていますので、ご覧ください。

Apple AirPods Pro

筆者も愛用しているワイヤレスイヤホン。
邪魔なコードがなく、ノイズキャンセリング・外部音取り込みの切り替えができ、高性能。
軽くコンパクトで目立たないので、オンライン会議のヘッドセットにもおすすめ。

今後、ビデオ会議システムを使ったコミュニケーションがさらに増えていくと思います。おさらいのため、Zoomの基本的な使い方を別記事にまとめてみました。

ホスト(主催者)になったときに便利な使い方をまとめた記事もあります。

LINEスタンプ販売中!

オリジナルLINEスタンプはじめました。LINE STOREで好評発売中。
出雲弁のお坊さん」など、ゆるいタッチのキャラクターが、あなたのトークルームを盛り上げます

LINEスタンプ 出雲弁のお坊さん【イラスト:ヘイソン・ニャー】

関連コンテンツ

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

デジタルガジェット好きブロガー。
iPhoneは初代から、iPadは2世代目から使っています。
このサイトでは、筆者の体験を元に、オンライン生活に役立つテクニックやガジェットなどを紹介します。

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web

アイコンイラスト:ヘイソン・ニャーさん(TwitterInstagram