WordPressテーマ「Snow Monkey」の利用事例として紹介いただきました

サイトテーマを「Snow Monkey」に移行

先日、このサイトと、順光寺公式サイトのテーマをSnow Monkeyに移行。 テーマの公式サイトの利用事例ページでご紹介いただきました。

また、「SNOW MONKEY BRAND BOOK」という冊子でも、利用事例としてご紹介いただきました。大きく取り上げていただき、嬉しく思います。

この冊子は、 テーマ開発者のキタジマタカシさんが編集されたもの。東京で行われるWordPressのイベント用に作られたそうです。

Snow Monkey 導入のメリット

WordPressは世界で一番多く使われていると言われているサイト構築ツールです。そのため、たくさんのテーマ(サイトのテンプレートのようなもの)があります。

その中で、私が Snow Monkeyを選んだのは、次のような導入メリットがあるからです。

ベースとなるデザインがシンプルで洗練されている

デザインカスタマイズが簡単

Snow Monkeyは、 Gutenberg ブロックエディターに対応。カスタマイズも直感的に行うことができます。CSSの設定が最小限で済むので、使いやすいです。

専用プラグインとの併用で、独自のセクションブロックが使える

私がSnow Monkeyで一番気に入っているのは、Snow Monkey Blocksプラグインとの同時使用で利用できるセクションブロックです。 特に、ブロークングリッドとサイド見出しのセクションは重宝しています。

企業や団体向けのサイトにも使える

Q&Aブロックなど、コーポレートサイトを作るときの機能も充実しています。個人ブログだけでなく、企業や団体のサイトにも利用できるテーマです。

Snow Monkey ノベルティグッズ

オリジナルバッジとシールを同封いただきました。大切に使いたいと思います。

Webデザイナーにおすすめのテーマ

以前、 キタジマさんが作られた、Habakiriというテーマを使っていました。Habakiriは、シンプルでカスタマイズ性に富んだテーマで、長い間愛用していました。

Habakiriの使いやすさ、洗練されたデザインなど、そのままSnow Monkeyにも受け継がれていると感じます。

Snow Monkeyは、Gutenbergに対応した日本語テーマ。洗練されたデザインと便利な機能が満載で、Webデザインに携わっておられる方にぜひ使っていただきたいテーマです。

機能の詳細などについては、テーマの公式サイトをご覧ください。

「松江水燈路」の写真素材を販売中

松江城のライトアップイベント「松江水燈路」の画像データを、ウェブストアで販売しています。

Zoomなどのオンライン会議の背景画像や、PC・タブレット・スマホの壁紙にお使いいただけます。

また、プリントしてお部屋に飾り、インテリアとして「おうちで水燈路」を楽しんでいただけます。

※画像の収益の一部は、松江水燈路の運営費に充てられます。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web
 
浄土真宗本願寺派 順光寺住職
松江水燈路・チーム水燈路運営委員会・広報チームメンバー