松江水燈路・広報チームの活動

松江水燈路・広報チームのミーティング風景
松江水燈路・広報チームのミーティング風景

松江の秋の風物詩「松江水燈路」。9月から10月にかけて開催され、それ以外の時期は基本的にはオフシーズンです。

年度が明けると、市民会議のいろいろな行事が動き出します。 冬は、次の水燈路に向けての準備期間になります。

昨年から、私の所属する「水燈路全体コーディネート委員会・広報チーム」に、島根大学の学生さんが2人加入してくれました。若い感性で、さらに水燈路を盛り上げてくれると思います。

来年の広報チームの活動を話し合うため、順光寺でミーティングを行いました。

タブレットを使った電子黒板

  • タブレット(iPad Pro)をHDMIケーブルでテレビに繋ぐ。
  • タブレットで当日のレジュメや資料を開く。
  • スタイラスペン(アップルペンシル)で、画面に書き込んでいく。

私がミーティングをするときによく使う方法です。

  • 書類への書き込みを リアルタイムで出席者が共有できる。
  • ミーティング後の、 デジタルデータのまま、 情報の保存 ・共有ができる。

といったメリットがあります。

また、PDFにペンで書き込みできるアプリ(GoodNotesなど)を使えば、フライヤーなどのデザインを出席者に見せるとき、訂正箇所がわかりやすいです。

iPad Proとテレビの接続にはHDMI端子対応のアダプターを使います。iPad Proは、2018年のモデルからUSB-C接続になり、これまで使っていたLightning端子関連の周辺機器が使えなくなりました。

周辺機器の買い替えを最小限にするため、SDカードスロットなどがひとまとめになっているアダプタ(NOVOO USB-Cハブ)を購入しましたが、なかなか使い勝手が良いです。

2019年の水燈路に向けて

水燈路・広報チームの活動は、水燈路の魅力を発信することが目的です。この日は、それぞれのアイディアを持ち寄り、年間のスケジュールや今後の方向性について、話を固めることができました。

本堂にもお参りいただきました。

お二人にはこれからも一緒に、水燈路に携わってもらいたいです。

お気軽にご連絡ください

制作・撮影のご依頼・ご相談など、コンタクトフォームからお気軽にご連絡ください。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Jungo Web
 
浄土真宗本願寺派 順光寺住職
松江水燈路・チーム水燈路運営委員会・広報チームメンバー